引干(読み)ひきほす

精選版 日本国語大辞典「引干」の解説

ひき‐ほ・す【引干】

〘他サ四〙 ひき張って日光にさらす。
万葉(8C後)九・一八〇〇「小垣内(をかきつ)の 麻を引干(ひきほし) 妹なねが 作り着せけむ しろたへの 紐をも解かず」

ひき‐ぼし【引干】

〘名〙 (ひき張って干したものの意) 海草などを日光でかわかしたもの。
蜻蛉(974頃)上「海松(みる)のひきほしの、みじかくちぎりたるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android