引間博愛(読み)ひくま ひろよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

引間博愛 ひくま-ひろよし

1920- 昭和時代後期の労働運動家。
大正9年3月1日生まれ。昭和19年から神田運送につとめ,戦後,労働運動にはいる。27年東京貨物自動車労組委員長。26年全国自動車運輸労組(全自運)を結成,委員長となり全自運の総評加盟につくす。52年全自運を再編して全日本運輸一般労働組合(運輸一般)を結成し,委員長。統一労組懇代表委員。北海道出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android