コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弱電解質(読み)ジャクデンカイシツ

大辞林 第三版の解説

じゃくでんかいしつ【弱電解質】

電離してイオンになり得るが、水溶液中で、ごくわずかしか電離しない電解質。酢酸・アニリンなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の弱電解質の言及

【電解質】より

…イオンに解離する度合(解離度)は物質や溶媒によってさまざまである。普通は溶媒として水を用いることが多いので,水に溶かしたときに解離する度合の高い物質を強電解質strong electrolyteといい,解離の度合の低い物質を弱電解質weak electrolyteという。しかし,この分類は必ずしも正確とはいえず,むしろ解離の度合は物質の結合の性質に依存することから,つぎのような分類もなされる。…

※「弱電解質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android