強電解質(読み)キョウデンカイシツ

大辞林 第三版の解説

きょうでんかいしつ【強電解質】

溶液中で濃度に関係なく、常にほとんど完全に電離する物質。強酸・強塩基、それらの塩など。塩酸・水酸化ナトリウム・塩化ナトリウムなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の強電解質の言及

【電解質】より

…イオンに解離する度合(解離度)は物質や溶媒によってさまざまである。普通は溶媒として水を用いることが多いので,水に溶かしたときに解離する度合の高い物質を強電解質strong electrolyteといい,解離の度合の低い物質を弱電解質weak electrolyteという。しかし,この分類は必ずしも正確とはいえず,むしろ解離の度合は物質の結合の性質に依存することから,つぎのような分類もなされる。…

※「強電解質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android