コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張子和(読み)ちょうしか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張子和
ちょうしわ
(1156?―1228)

中国の医家。金元(きんげん)医学の四大家の一人。名は従正、字(あざな)が子和、戴人(たいじん)と号した。(すいしゅう)考城宛丘(えんきゅう)(河南省)の人。医学に精通し、ことに『素問(そもん)』『難経』(ともに中国古代の医学書)の学に優れていた。劉河間(りゅうかかん)の説を重んじ寒涼剤を多く用いた。疾病の原因は「風寒暑湿火燥」の天の六気、「霧露雨雹(ひょう)氷泥」の地の六気、「酸苦甘辛鹹(かん)淡」などの外部の邪気が体内に侵入することによると考え、邪気の排除を力説した。「汗吐下」の三法によって攻撃する治療法を用い、ことに下剤をよく使用したので「攻下(こうげ)派」とよばれている。金(きん)の興定年間(1217~1222)に太医院(たいいいん)(医療をつかさどる国の役所)に召補されたが、まもなく辞して去った。[山本徳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android