コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邪気 ザケ

デジタル大辞泉の解説

ざ‐け【邪気】

じゃけ」の直音表記
「―なんどの、人の心たぶらかして」〈柏木

じゃ‐き【邪気】

人に害を与えようとする心。悪意。「邪気のない人」「無邪気
病気を起こす悪い気。悪気(あっき)。「邪気を払う」
物の怪(け)。じゃけ。
「はじめ歩み来たりつる物は―なり」〈著聞集・一〉

じゃ‐け【邪気】

物の怪(け)。また、病気。じゃき。
「御―の久しくおこらせ給はざりつるを」〈浮舟

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃき【邪気】

悪意。わるげ。 「 -のない人」 「 -のないいたずら」 「無-」
病気などを起こす悪い気。悪気。 「 -を払う」
もののけ。じゃけ。 「はじめ、歩み来たりつるものは-なり/著聞 1

じゃけ【邪気】

物の怪。また、病気。じゃき。 「其の妻-に重く煩て/今昔 12

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

邪気の関連キーワード東光寺の田遊び・鬼会茱萸袋・胡頽子袋削り掛け・削り掛七種粥/七草粥懸け角・懸角菖蒲の門菖蒲葺く菖蒲の枕菖蒲の鬘十五日粥菖蒲葺き小豆粥朮焚く石敢当屠蘇散集め汁虎の頭七種爪茱萸節菖蒲酒

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

邪気の関連情報