強制循環ボイラ(読み)きょうせいじゅんかんボイラ(英語表記)forced circulation boiler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強制循環ボイラ
きょうせいじゅんかんボイラ
forced circulation boiler

水管ボイラの一種で,ボイラ水をポンプによって強制的に循環させる形式のもの (→自然循環ボイラ ) 。高圧になるに従い自然循環力が小さくなるので,この形式のボイラは亜臨界の高圧用ボイラに適している。循環ポンプからのボイラ水は管寄せから各水管に分れて流入するが,各水管の吸収熱量や抵抗に応じて絞り (ラモントノズル) を設けて適切な流量配分を行わせるラモントボイラやボイラ水の強制循環と加圧燃焼によってボイラを小型化したベロックスボイラなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android