コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強度近視 キョウドキンシ

デジタル大辞泉の解説

きょうど‐きんし〔キヤウド‐〕【強度近視】

眼軸長(眼球の前後方向の長さ)が異常に延長し、眼に入る光の屈折を調整する能力が低下するため、対象に近づいても鮮明に見えない状態。眼鏡を装用しても良好な視力が得られない重度近視黄斑部出血や網膜剝離を起こしやすくなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

強度近視の関連キーワードコンタクトレンズ網膜剥離白色瞳孔眼軸長夜盲症弱視失明網膜

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強度近視の関連情報