強度近視(読み)キョウドキンシ

デジタル大辞泉「強度近視」の解説

きょうど‐きんし〔キヤウド‐〕【強度近視】

眼軸長(眼球の前後方向の長さ)が異常に延長し、に入る光の屈折を調整する能力が低下するため、対象に近づいても鮮明に見えない状態。眼鏡用しても良好な視力が得られない重度近視黄斑部出血や網膜剝離を起こしやすくなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android