コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄斑 おうはんyellow spot

翻訳|yellow spot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄斑
おうはん
yellow spot

網膜のほぼ中央でやや黄色みを帯びている丸い部分。視覚にあずかることが最も多い。中央のくぼんでいるところを中心窩といい,色の識別能および視覚感度が特に高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうはん【黄斑】

霊長類の眼球の網膜中央部の黄色みを帯びている部分。中央は少しへこんでいて、視力および色の識別能力が最も鋭敏な部分。黄点。明斑。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄斑
おうはん

網膜の中心部で、色覚や視力のもっとも鋭敏な部位である。死体の眼球をのぞくと、混濁した網膜の中心に黄色の斑点(径約2ミリメートル)が見えるところから名づけられた。黄斑は視神経乳頭の耳側で、視角にして約15度離れたところにあり、黄斑の中央は網膜の厚さがとくに減少してへこんでおり、この部を中心窩(か)という。中心窩には錐状体(すいじょうたい)だけがある。見ようとする外界のものは、この黄斑に像を結ぶようになっている。
 黄斑に病変がおこると、中心視力が冒されるため、読書などに障害が出てくる。このほか、視野の中心部に陰が出る中心暗点、物がゆがんで見える変視症などの症状もみられる。病気としては中心性網膜炎や加齢黄斑変性症のほか、遺伝性の黄斑ジストロフィーなどがある。また、網膜中心静脈閉塞(へいそく)症や糖尿病網膜症などが、黄斑に障害を及ぼしてくることもあり、急激に視力が低下する。[松井瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の黄斑の言及

【眼底】より

…網膜の神経成分はほぼ透明であるので,網膜色素上皮と脈絡膜が眼底の色を決め,これに網膜血管が加わる。眼底の部位は,黄斑と視神経乳頭を含む後極部,赤道部,周辺部に分けられる。眼底の病気は,出血,滲出物,混濁,変性,増殖組織などと血管自体の変化がおもなものとなっている。…

※「黄斑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄斑の関連キーワード加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)モザイク病(アルサイククローバ)オカルト黄斑ジストロフィー黄斑病(アルファルファ)ペガプタニブナトリウムナポレオン フェラーラレーザー光凝固術老人性黄斑変性症ベルテポルフィン網膜脈絡膜萎縮症蝦夷蝉・蝦夷蟬加齢黄斑変性症中途視覚障害者ラニビズマブモンキチョウ光線力学療法ムカシトンボ加齢黄斑変性クワガタムシ太陽性網膜症

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄斑の関連情報