コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強毒性鳥インフルエンザ キョウドクセイトリインフルエンザ

デジタル大辞泉の解説

きょうどくせい‐とりインフルエンザ〔キヤウドクセイ‐〕【強毒性鳥インフルエンザ】

鳥インフルエンザのうち、感染した鳥の致死率が高いもの。家畜伝染病予防法では、平成23年(2011)4月の法改正以降、高病原性鳥インフルエンザと呼んでいる。
[補説]改正前の家畜伝染病予防法では、H5型・H7型のすべての鳥インフルエンザウイルスを高病原性とし、致死率の高低によって強毒性弱毒性と呼び分けていた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android