コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家畜伝染病予防法 かちくでんせんびょうよぼうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家畜伝染病予防法
かちくでんせんびょうよぼうほう

昭和26年法律166号。家畜伝染病(寄生虫病を含む)の発生の予防と蔓延を防ぐことにより,畜産振興をはかることを目的として制定された法律。ウシ,ウマ,ヒツジ,ブタ,ニワトリ,ミツバチなどを対象とし,26種の家畜伝染病家畜法定伝染病)を定め,また家畜伝染病予防法と家畜伝染病予防法施行規則により 71種の家畜届出伝染病を別に規定している。1997年改正により,家畜法定伝染病と家畜届出伝染病を総称して監視伝染病と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かちくでんせんびょうよぼう‐ほう〔カチクデンセンビヤウヨバウハフ〕【家畜伝染病予防法】

家畜の伝染性疾病(寄生虫病を含む)の発生の予防と蔓延(まんえん)の防止について定めた法律。昭和26年(1951)施行。家伝法。→家畜伝染病届出伝染病

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

家畜伝染病予防法【かちくでんせんびょうよぼうほう】

家畜伝染病の発生の予防および蔓延(まんえん)防止により,畜産振興を図るための法律(1951年制定,1978年改正)。旧法(1922年)を全文改正したもの。家畜法定伝染病,疾病による家畜死亡の届出義務,予防のための検査・消毒,患畜および疑似患畜の届出・隔離義務,輸出入検疫などを規定。
→関連項目伝染病予防法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の家畜伝染病予防法の言及

【家畜法定伝染病】より

…〈家畜伝染病予防法〉により指定された伝染病。この法律は家畜の伝染病の発生の予防とそのまんえんを防止し,畜産の振興をはかる目的で施行されているが,この第2条に家畜の伝染病25種類が定められている(表)。…

※「家畜伝染病予防法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

家畜伝染病予防法の関連キーワード高病原性鳥インフルエンザ口蹄疫(こうていえき)弱毒性鳥インフルエンザ強毒性鳥インフルエンザニューカッスル病鳥インフルエンザ動物愛護管理法ブタ流行性下痢豚流行性下痢馬伝染性貧血ブルセラ病動物検疫豚コレラ口蹄疫牛結核狂犬病豚丹毒防疫官炭疽牛疫

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家畜伝染病予防法の関連情報