コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強毒性 キョウドクセイ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐どくせい〔キヤウ‐〕【強毒性】

ウイルスなどの病原体によって感染症が発症したとき、重症化させる能力が強いこと。インフルエンザの場合は、呼吸器だけでなく脳や内臓など全身に感染が広がるもの。免疫の過剰反応(サイトカインストーム)が引き起こされると、免疫力の高い若年層ほど重症化し死亡する危険性が高い。→ビルレンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

強毒性の関連キーワード新型インフルエンザ等対策特別措置法インフルエンザウイルス強毒性鳥インフルエンザ弱毒性鳥インフルエンザスーパー耐性菌H5亜型農薬中毒弱毒性

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強毒性の関連情報