コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弱毒性 ジャクドクセイ

デジタル大辞泉の解説

じゃく‐どくせい【弱毒性】

ウイルスなどの病原体によって感染症が発症したとき、重症化させる能力が弱いこと。インフルエンザの場合は、感染が肺などの呼吸器にとどまるもの。一般的な季節性インフルエンザは弱毒性に分類される。最初は弱毒性でも突然変異により強毒性に変わることがある。→ビルレンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

弱毒性の関連キーワードアルバート.B. セービンアルバート カルメット強毒性鳥インフルエンザ弱毒性鳥インフルエンザインフルエンザウイルス家畜届出伝染病スーパー耐性菌ニホンイモリセラチア菌アロカシアパスツールワクチンH5亜型サソリ麻疹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弱毒性の関連情報