強盗致死傷罪(読み)ゴウトウチシショウザイ

大辞林 第三版の解説

ごうとうちししょうざい【強盗致死傷罪】

強盗が人を傷つけるか、または死亡させることによって成立する罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごうとうちししょう‐ざい ガウタウチシシャウ‥【強盗致死傷罪】

〘名〙 強盗が人を傷害したとき、または死亡させたときに成立する罪。傷害したときは無期または七年以上の懲役、死亡させたときは死刑または無期懲役に処せられる。刑法二四〇条に規定

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android