強起(読み)きょうき

精選版 日本国語大辞典「強起」の解説

きょう‐き キャウ‥【強起】

〘名〙 音楽で、曲が小節の強拍部すなわち第一拍から始まること。⇔弱起

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「強起」の解説

【強起】きよう(きやう)き

むりに仕官させる。〔晋書、隠逸、郭翻伝〕安西將軍(ゆよく)、舅(ていきう)の重きを以て、躬(みづか)らきて(いた)り、之れを強せんと欲す。

字通「強」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android