コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾丸登山 だんがんとざん

知恵蔵miniの解説

弾丸登山

山小屋などで十分な休息をせず一気に頂上を目指す登山のこと。一般には、富士山頂で日の出を見るために夜通し登り続けることを指す。富士山のような高い山で弾丸登山をすると、高度順応する余裕がなく高山病を引き起こしやすくなる。また、夜中の登山には危険が多く、登山道の渋滞を招く恐れもある。2011年には、「富士山環境保全協力金協議会」が弾丸登山のツアーを自粛するよう旅行業界に求めた。さらに、富士山が世界遺産に登録されることもあり、13年6月5日には、山梨県知事が弾丸登山の自粛を呼び掛けるよう、井手観光庁長官に文書で要請した。

(2013-6-7)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

弾丸登山

明確な定義はないが、山小屋などに泊まらず徹夜で登り下りする0泊2日の登山を指す。5合目の吉田口を夜9時ごろ出発、頂上でご来光を見て翌日昼までに下山するのが一般的だ。山梨県はアンケート結果から登山者の約3割と推計富士吉田市は夜間に6合目を通過する人数から1割強とみる。

(2013-06-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だんがん‐とざん〔ダングワン‐〕【弾丸登山】

途中で休憩や睡眠を取らず、一気に頂上を目指す登山のこと。
[補説]高い山では特に、高山病にかかる危険性や、種々の事故の恐れなどが指摘されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

弾丸登山の関連キーワード補説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弾丸登山の関連情報