休憩(読み)キュウケイ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐けい〔キウ‐〕【休憩】

[名](スル)仕事や運動などを一時やめて、休むこと。休息。「ゆっくり休憩をとる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうけい【休憩】


休憩時間の付与および労働時間の途中付与の原則]
 休憩時間は,労働者が労働時間の途中に自由に休息することを権利として保障されている時間をいう。使用者は労働時間が6時間を超えるときは少なくとも45分,8時間を超えるときは少なくとも1時間の休憩時間を,労働時間の途中に,与えなければならない(労働基準法34条1項)。したがって,所定労働時間が8時間のときは使用者は45分の休憩時間を与えなければならず,8時間を超えて残業を命ずるときは,15分の休憩時間を追加して与えなければならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうけい【休憩】

( 名 ) スル
何かを行なっている途中で、少しの間休むこと。休息。 「 -所」 「五分間-する」 〔類義の語に「休息」があるが、「休息」は仕事などをひとまず終えて短時間または長時間休む意を表す。それに対して「休憩」は仕事や運動などの途中で少しの間休む意を表す〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐けい キウ‥【休憩】

〘名〙 仕事や運動などを小時間中止して緊張を解き、心身の疲れを直すこと。ひと休み。休息。いきつぎ。〔書言字考節用集(1717)〕
※土(1910)〈長塚節〉「彼等は少時(しばし)の休憩にも」 〔謝霊運‐還旧園作詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の休憩の言及

【仕事休み】より

…仕事休みには1日の労働の中で必要に応じてとる小時間の休憩と,1年の中に適当に配されている休日とがある。新潟県新発田市の農村部では,野良に出てもすぐに仕事にかからずに吸いつけ煙草などして休むことをオリヤスミといい,午前,午後各1回の休憩をタバコヤスミ,ナカヤスミ,食事後のをジキヤスミといっていた。…

※「休憩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

休憩の関連情報