弾性線維性仮性黄色腫(読み)だんせいせんいせいかせいおうしょくしゅ(英語表記)Pseudoxanthoma Elasticum

  • 弾性線維性仮性黄色腫 Pseudoxanthoma Elasticum

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 皮膚の中でゴムのように伸び縮みする弾力線維が、ボロボロになり硬くなる病気です。生まれつき(遺伝性)の病気で、思春期ころから、頸部(けいぶ)、腋窩(えきか)、鼠径部(そけいぶ)などの軟らかい皮膚に黄味がかった線状のぶつぶつが現われます。触ると少しごわごわして硬く感じます。弾力線維にカルシウムが付着したためです。
[原因]
 不明です。遺伝子研究が進めば解明されるでしょうが、特定の治療法や予防法もありません。
 診断は、患部の皮膚の一部を切り取り、病理組織検査をしてつけます。
[治療]
 皮膚の弾力線維だけでなく、動脈や目の弾力線維も同様に障害を受けます。血圧・腎臓(じんぞう)・心臓・脳に影響が出ることもあるため、皮膚科医と内科医を定期的に受診します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android