コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾性線維性仮性黄色腫 だんせいせんいせいかせいおうしょくしゅ Pseudoxanthoma Elasticum

1件 の用語解説(弾性線維性仮性黄色腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

だんせいせんいせいかせいおうしょくしゅ【弾性線維性仮性黄色腫 Pseudoxanthoma Elasticum】

[どんな病気か]
 皮膚の中でゴムのように伸び縮みする弾力線維が、ボロボロになり硬くなる病気です。生まれつき(遺伝性)の病気で、思春期ころから、頸部(けいぶ)、腋窩(えきか)、鼠径部(そけいぶ)などの軟らかい皮膚に黄味がかった線状のぶつぶつが現われます。触ると少しごわごわして硬く感じます。弾力線維にカルシウムが付着したためです。
[原因]
 不明です。遺伝子研究が進めば解明されるでしょうが、特定の治療法や予防法もありません。
 診断は、患部の皮膚の一部を切り取り病理組織検査をしてつけます。
[治療]
 皮膚の弾力線維だけでなく、動脈や目の弾力線維も同様に障害を受けます。血圧・腎臓(じんぞう)・心臓・脳に影響が出ることもあるため、皮膚科医と内科医を定期的に受診します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

弾性線維性仮性黄色腫の関連キーワード温覚ゴム糊皮膚科インドゴムの木ゴム植物ゴム弾性ゴムの木ゴム紐何心地ゴム漿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弾性線維性仮性黄色腫の関連情報