コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾性軟骨 だんせいなんこつelastic cartilage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弾性軟骨
だんせいなんこつ
elastic cartilage

軟骨組織の一種。軟骨細胞とこれを囲む基質から成り,基質中に縦横に交錯する膠原線維と多量の弾性線維があるため,弾性がある。耳介喉頭蓋などにある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の弾性軟骨の言及

【軟骨】より

…軟骨細胞は,基質中をしみとおってくる組織液から栄養をうけとり,終生細胞分裂と基質形成の能力を保持し,必要に応じて軟骨の形と大きさを変えることができる。 軟骨基質の成分の違いにより,硝子(ガラス∥しようし)軟骨,弾性軟骨,繊維軟骨が区別される。硝子軟骨(図)は半透明,均質無構造で柔軟性に富み,下等脊椎動物や胎生期の高等動物の内骨格を構成し,成体では関節面,肋軟骨,呼吸器(喉頭,気管,気管支)の壁に存在する。…

※「弾性軟骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弾性軟骨の関連キーワード弾性組織軟骨