彌陀(読み)みだ

精選版 日本国語大辞典の解説

※菅家文草(900頃)二・奉和兵部侍郎哭舎弟大夫之作「菩提道外誰廻向 為念彌陀老僧」 〔法華文句‐九下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報