コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華文句 ほっけもんぐFa-hua wen-ju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華文句
ほっけもんぐ
Fa-hua wen-ju

中国,の天台大師智 顗が講義したものをその弟子灌頂が記録した書で,法華三大部の一つ。『妙法蓮華経文句』の略称。さらに略して『文句』ともいう。 10巻。『法華経』の一句一句を注釈している。その注釈の特色を4種 (因縁釈,約教釈,本迹釈,観心釈) に分類し,総称して天台四釈と称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほっけもんぐ【法華文句】

中国、隋代の仏教書。智顗(ちぎ)が講説し、灌頂(かんじょう)が筆録。20巻。法華三大部の一。法華経の経文の各句を注釈したもの。妙法蓮華経文句。文句。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほっけもんぐ【法華文句】

中国、隋代の仏教書。一〇巻。智顗ちぎ述、灌頂かんじようによる筆録。法華三大部の一。妙法蓮華経文句。文句。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法華文句
ほっけもんぐ

中国、隋(ずい)代の天台智(ちぎ)が講述し、門下の章安灌頂(かんじょう)が筆録再治した仏書。10巻(各上下20巻)。『妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)文句』といい、『文句』または『疏(しょ)』と略称。『法華玄義』が経の精神を総論したのに対し、『法華経(ほけきょう)』の文々句々を解釈したところから称を得た。本書の特色は、経の前半を迹門(しゃくもん)、後半を本門と分判し、本迹(ほんじゃく)不二の立場から、両門を序分・正宗分・流通分の三段で解し、各字句ごとに因縁(いんねん)・約教・本迹・観心(かんじん)の4種釈で解明する。吉蔵(きちぞう)の『法華疏』とともに当時までにおける中国の法華経解釈を集大成し、独自の見解を示している。[塩入良道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

法華文句の関連キーワード灌頂(僧)摩訶止観天台宗日珖日遠増賀最澄折伏霊空鳳潭湛然

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android