コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当たり合ひ アタリアイ

デジタル大辞泉の解説

あたり‐あい〔‐あひ〕【当たり合ひ】

ちょうどそのにあること。ありあわせ。ありあい。
「―の枕引き寄せ、大いびきして」〈浮・俗つれづれ・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あたりあい【当たり合ひ】

ありあわせ。ありあい。 「 -の枕引きよせ大鼾おおいびきして/浮世草子・俗つれ〱 1
ぶつかり合うこと。衝突。 「きつと仕候申分抔にては-に成て、安き事も直らぬもの也/葉隠」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

当たり合ひの関連キーワード浮世草子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android