コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廻船式目 かいせんしきもく

6件 の用語解説(廻船式目の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廻船式目
かいせんしきもく

古くは『船法』『船法度 (ふねはっと) 』『船作法書』ともいわれた。日本最古の海商法規。 15~16世紀,瀬戸内海の海運業者の慣習法を成文化したもの。船舶および船主,船頭,水主,共同海損海難救助,航海儀礼など 31ヵ条 (のち 43ヵ条) から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいせん‐しきもく〔クワイセン‐〕【廻船式目】

日本最古の海商法規と目されているもの。海上運送に関して、船の使用や事故の際の処置の方法などを規定。貞応2年(1223)北条義時制定の旨の奥書があるが、実際には室町末期に瀬戸内海の海賊衆の間で慣習法をまとめたものらしい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

廻船式目【かいせんしきもく】

日本最古の海商法規。古くは《船法度(はっと)》。《船法》などと呼ばれた。1223年北条義時の制定と明記されているが,室町後期,海上商人の間に発達した慣習を基礎として瀬戸内海の海賊衆が作ったといわれる。
→関連項目土崎十三湊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいせんしきもく【廻船式目】

日本最古の海法。もともと一定の名称はなく,《廻船大法》《船法度》《船法》などと呼ばれていたが,近年はだいたいこの呼称に統一されるようになった。全31ヵ条からなるが,43ヵ条などのものもあり,これは後世の追加によると考えられる。末文に,鎌倉時代前期の1223年(貞応2)に摂津兵庫,土佐浦戸,薩摩坊津の3人の船主らが作成した船法に北条氏が袖判を加えたと記してあり,鎌倉幕府公認のものとしている。しかしこれは本書を権威づけるための後世の仮託であって,実際の成立年代はこれよりはるかに下った室町末期と考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいせんしきもく【廻船式目】

室町末期、海運業者仲間の慣習法を成文化した日本最古の海商法を明治以降呼ぶ語。当時は「廻船大法」「廻船法度」などと称した。全三一箇条から成るが、他に後世の追加がある。海難救助・船荷の損害賠償など多岐にわたる規定からなり、後世の海商法の範となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廻船式目
かいせんしきもく

わが国最初の海運・海商に関する成文法。内容は、難破船の救助、海損保障、船の貸借規定など多岐にわたる。条数は、30箇条から43箇条まで伝本によって異なる。奥書に、1223年(貞応2)3月、摂津兵庫(ひょうご)、土佐浦戸(うらど)、薩摩坊津(さつまぼうのつ)の住人3名が、公家(くげ)よりの下聞に対して「船法」を上申し、それを記録したものと記されている。この年記は、同年に諸浦の調査を含む諸国大田文(おおたぶみ)の撰進(せんしん)が進行していたこととなんらかの関係があろう。一般に、実際の成立が近世的廻船が勃興(ぼっこう)した織豊(しょくほう)時代とされている点は妥当であるが、1415年(応永22)の摂津尼崎(あまがさき)の問丸(といまる)代官の年貢船送請文(うけぶみ)に「海上の事ハ、廻船の法に任せ候」とあるように、この式目の部分的、慣習法的前提は、より早くから存在したことも留意すべきである。[保立道久]
『『中世日本の商業』(『豊田武著作集 第2巻』所収・1982・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

廻船式目の関連キーワード海法大阪狭山大沢の池元元艫取り花畠教場亭元より浅草花やしき優先の法則(生物命名)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone