コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当(た)り年 アタリドシ

デジタル大辞泉の解説

あたり‐どし【当(た)り年】

農作物の収穫量の特に多い年。「桃の当たり年
特によいことが多く、思いどおりになる年。「結婚はする、課長にはなる、全く君の当たり年だ」
[補説]2は、よいことの多くある年について言うのが本来の使い方だが、近年では「台風の当たり年」などと言うこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

当(た)り年の関連キーワードギラン‐バレー症候群ブロイラー(若鶏)REACH規則オートレース渋滞損失時間WEEE指令予備自衛官長崎(市)株価収益率教育産業企業献金脱レジ袋熱帯林カカオ小麦粉砂糖乳癌年貢

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android