コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当用日記 トウヨウニッキ

デジタル大辞泉の解説

とうよう‐にっき〔タウヨウ‐〕【当用日記】

さしあたっての用事を記しておく日記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうようにっき【当用日記】

当座の用事などを簡単に記しておく日記。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の当用日記の言及

【博文館】より

…93年には教科書の分野にも進出,落合直文《中等教育国文軌範》ほか8点を発行している。また〈博文館日記〉の名で知られる〈懐中日記〉(1895),〈当用日記〉(1896)などの日記帳類は,年々版を重ね同社のドル箱となった。廉価,薄利多売をモットーに出版の大衆化をはかり,総合出版社としての地歩を確立した博文館は,一方では博文館印刷所(共同印刷の前身)をはじめ書店,洋紙店,通信社など多くの関連事業を興し,明治後半期には文字どおり日本の代表的出版社となった。…

※「当用日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

当用日記の関連キーワード当座

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android