用事(読み)ヨウジ

デジタル大辞泉の解説

しなくてはならない事柄。用件。「用事を言いつける」「大事な用事がある」
大便・小便をすること。用便。
「むくむくと起きて―かなゆるふりにて」〈浮・曲三味線・四〉
江戸深川の遊里で、芸娼妓が月経や病気、また私用などのさしさわりのために休むこと。
「二三日―で居たから、さっぱり酒気がない」〈人・梅児誉美・初〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① なすべき仕事。用件。
※今昔(1120頃か)二六「用事有るに依て、丹後国、加佐の郡に行にけり」 〔周礼‐春官・司服〕
② 用便。大便、小便。
※浮世草子・好色旅日記(1687)五「女の見へぬは用事にや行ぬらん」
③ 芸娼妓などの月経や病気、私用などのさしさわりによる休業。江戸、深川の遊里の語。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「二三日よふじで居たから、さっぱり酒気がないから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

用事の関連情報