用事(読み)ようじ

精選版 日本国語大辞典「用事」の解説

よう‐じ【用事】

〘名〙
① なすべき仕事。用件
※今昔(1120頃か)二六「用事有るに依て、丹後国、加佐の郡に行にけり」 〔周礼‐春官・司服〕
② 用便。大便、小便。
※浮世草子・好色旅日記(1687)五「女の見へぬは用事にや行ぬらん」
③ 芸娼妓などの月経や病気、私用などのさしさわりによる休業。江戸、深川の遊里の語。
人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「二三日よふじで居たから、さっぱり酒気がないから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「用事」の解説

よう‐じ【用事】

しなくてはならない事柄。用件。「用事を言いつける」「大事な用事がある」
大便・小便をすること。用便。
「むくむくと起きて―かなゆるふりにて」〈浮・曲三味線・四〉
江戸深川の遊里で、芸娼妓が月経や病気、また私用などのさしさわりのために休むこと。
「二三日―で居たから、さっぱり酒気がない」〈人・梅児誉美・初〉
[類語]用務小用こよう・しょうよう野暮用雑用私用公用社用商用多用主用用件用向き所用急用事物事象物事現象出来事余事余所よそ他事他人事人事ひとごと雑事諸事事件時事事柄事故異変大変急変変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと珍事不祥事アクシデントハプニングセンセーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「用事」の解説

【用事】ようじ

祭る。また、執行する。支配する。宋・司馬光〔劉道原、十国紀事の〕介甫(王安石)の事を用ふるに方(あた)り、呼してす。そ施置するれば、天下を擧ぐるもく奪ふこと無し。

字通「用」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android