コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形相因 ケイソウイン

デジタル大辞泉の解説

けいそう‐いん〔ケイサウ‐〕【形相因】

アリストテレスの説いた四原因の一。事物をまさにその事物たらしめるもの。→質料因動力因目的因

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいそういん【形相因】

アリストテレスの説いた、事物が生成するための四原因の一。例えば、家に対しては、設計図にあたる、「家」の定義にかなった機能・構造・形姿。 → 原因

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の形相因の言及

【アリストテレス】より

…彼によれば,どんな学問も第1の原理・原因を知ることによって初めて本当の知識となるのだが,自然の事象の原因となるものには4種類ある。すなわち,(1)形相因(何であるか,本質),(2)質料因(何からできているか,素材),(3)始動因(運動変化を起こさせるもの),(4)目的因(何のためか)がそれである。彼はタレス以来の彼に先立つ哲学者たちの求めていたものがこの4原因のどれかに当たり,その範囲を出るものではないと見た。…

※「形相因」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

形相因の関連キーワードアリストテレス哲学の基本概念四原因[アリストテレス]自然の区分についてイブン・シーナーアリストテレスポイエーシス原因と結果因果関係因果性目的論目的

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android