コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目的因 モクテキイン

デジタル大辞泉の解説

もくてき‐いん【目的因】

アリストテレスの説いた四原因の一。事物が何のために存在するか、行為が何のためになされるかを示す目的が、その事物の存在やその行為を理由づけるもの。→形相因質料因動力因

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もくてきいん【目的因】

〘哲〙 アリストテレスの説く、事物が生成するための四原因の一。例えば、家に対しては、家としての役割・働きがこれにあたる。 → 原因

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の目的因の言及

【アリストテレス】より

…彼によれば,どんな学問も第1の原理・原因を知ることによって初めて本当の知識となるのだが,自然の事象の原因となるものには4種類ある。すなわち,(1)形相因(何であるか,本質),(2)質料因(何からできているか,素材),(3)始動因(運動変化を起こさせるもの),(4)目的因(何のためか)がそれである。彼はタレス以来の彼に先立つ哲学者たちの求めていたものがこの4原因のどれかに当たり,その範囲を出るものではないと見た。…

【合目的性】より

…ある事物が一定の目的にかなった仕方においてあること。アリストテレスは,合目的性を事物一般のあり方を解き明かす基本概念の一つと見なし,〈目的因〉を4原因の一つとして立てた。近代科学の機械論的自然観が力を得た状況の中で,合目的性の問題を美的認識,有機体の認識の両面から批判的に位置づけたのはカントである。…

【目的論】より

…宇宙を一つの目的論的システムとみなす考え方は,神話的思考のうちにすでに広くみとめられるが,哲学の歴史においては,とりわけアリストテレスがそれを定式化するにあたって重要な役割を果たした。すなわち,彼は,質料と形相の結合からなる個物にあって,その事物の本質規定をなし実現されるべき形相がその目的因をなすと考え,さらに,この考えを宇宙全体の構成にも及ぼして,万物は最高の純粋な形相である神を究極目的として生成展開すると考えたのである。この考えは,中世のスコラ哲学においては,キリスト教の創造神の考えと結合されて,時代に対して大きな影響力をもった。…

※「目的因」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

目的因の関連キーワードアリストテレス哲学の基本概念四原因[アリストテレス]自然主義(哲学)イブン・シーナーアリストテレスポイエーシス人間中心主義原因と結果究極原因因果関係合目的性生命論目的論因果性

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android