コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動力因 ドウリョクイン

デジタル大辞泉の解説

どうりょく‐いん【動力因】

アリストテレスの説いた四原因の一。現実に作用し、事物の生成・変化・運動がそれによって引き起こされるもの。始動因。作用因。→形相因質料因目的因

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動力因の関連キーワード四原因[アリストテレス]アナクサゴラスエンペドクレスアリストテレス能動的理性原因と結果因果関係シバ派因果性目的論マナス摂理

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android