動力因(読み)ドウリョクイン

精選版 日本国語大辞典の解説

どうりょく‐いん【動力因】

〘名〙 アリストテレスの哲学で、形相因、質料因、目的因とならぶ運動の四原因の一つ。事物の運動、生成、変化を引き起こす力、動因となるもの。たとえば、家を建築する場合の大工、道具、技術など。始動因。作用因。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報