コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動力因 ドウリョクイン

デジタル大辞泉の解説

どうりょく‐いん【動力因】

アリストテレスの説いた四原因の一。現実に作用し、事物の生成・変化・運動がそれによって引き起こされるもの。始動因。作用因。→形相因質料因目的因

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動力因の関連キーワード四原因[アリストテレス]アナクサゴラスエンペドクレスアリストテレス能動的理性原因と結果因果関係シバ派因果性目的論マナス摂理

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android