コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彫り エリ

デジタル大辞泉の解説

えり〔ゑり〕【彫り】

彫(ほ)り刻むこと。ほり。
「御手(おほむて)(=御筆跡)は…―深う、強う固う書き給へり」〈行幸
弦をかけるため、矢筈(やはず)上部を削って彫りくぼめた所。

ほり【彫り】

彫ること。また、彫ったぐあい。「巧みな彫り
彫ったような凹凸(おうとつ)。「彫りの深い顔」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えり【彫り】

ほること。ほり刻むこと。ほり。 「 -深う、強う、固う書き給へり/源氏 行幸
矢筈やはずの、つるをかけるために彫りくぼめた所。

ほり【彫り】

彫ること。彫りあげた出来ばえ。 「人形の-具合」
彫り刻まれたような凹凸おうとつ。 「 -の深い顔」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

彫りの関連キーワード半肉彫り・半肉彫薬研彫り・薬研彫鋳物彫り・鋳物彫透き箱・透箱丸彫り・丸彫家彫り・家彫インタリヨグラビール透かし欄間細透かし版彫小刀中山大和仕上げ彫片切り鏨糸透かし毛彫り鏨一刀彫小紋型彫上げ花狭間

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彫りの関連情報