コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役付手当

1件 の用語解説(役付手当の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

役付手当

・管理監督職または、管理監督職に準ずる職務価値に対して付加的に支給される賃金の事を指す。
役付手当は、企業によって役職手当や管理職手当等、様々な名称がある。
・役付手当には、管理監督者になることで増す職責における対価としての意味、あるいは、支給対象外となる時間外手当の補填としての意味がある。また下位等級者(時間外対象者)との時間外手当による、報酬の逆転現象を回避するために活用されている面もある。
・嘗ては、この時間外手当の補填的な意味合いが強かったが、近年は、よりその職責を意識させるものとして活用されている。従って、管理監督者に一律に支給するといった方法から、より責任に応じて「差」を付けた支給を行う企業もある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
人材マネジメント用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone