コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役用種 えきようしゅ

1件 の用語解説(役用種の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

役用種
えきようしゅ

家畜のうち,おもに畜力の利用を目的とする種または品種。牛,馬,ろ馬,ら馬,象,らくだなどがあり,農耕用,運搬用あるいは交通用として広く利用される。一般には,牛において乳用種,肉用種に対して役利用を主たる目的とするものを役用種という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

役用種の関連キーワード中間法人採草放牧地有畜農業収納家具畜力国際獣疫事務局畜力機婚資保険ほ場整備牧草地経営体

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone