乳用種(読み)にゅうようしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳用種
にゅうようしゅ

乳をとる目的のために改良された家畜の品種の一般名。肉用種その他の用種に比べて体脂肪の蓄積が少く,体は角張っており,乳用種に独特な体型を示している。乳牛は頭部が小さく頸肩は薄く,側から見ると胸底から腹部にかけて次第に広がって楔型になり,前から見ると肩峰を頂点,胸底を底辺とした楔型になり,上から見ると頭部を頂点として後躯にかけて楔型になっている。これを3楔型と称し,乳牛の特徴とされる。ホルスタイン,ジャージー,ガンジー,エアシャーブラウンスイス,デーリーショートホーン種などの品種がある。やぎの乳用種を代表するザーネン種も楔型の体型をしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうようしゅ【乳用種】

乳用として飼育される牛の品種。ホルスタイン種・カーンジー種など。乳牛。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅうよう‐しゅ【乳用種】

〘名〙 乳牛など乳(ちち)をとることを目的として飼育する種類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乳用種の関連情報