コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳用種 にゅうようしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳用種
にゅうようしゅ

乳をとる目的のために改良された家畜の品種の一般名。肉用種その他の用種に比べて体脂肪の蓄積が少く,体は角張っており,乳用種に独特な体型を示している。乳牛は頭部が小さく頸肩は薄く,側から見ると胸底から腹部にかけて次第に広がって楔型になり,前から見ると肩峰を頂点,胸底を底辺とした楔型になり,上から見ると頭部を頂点として後躯にかけて楔型になっている。これを3楔型と称し,乳牛の特徴とされる。ホルスタイン,ジャージー,ガンジー,エアシャーブラウンスイス,デーリーショートホーン種などの品種がある。やぎの乳用種を代表するザーネン種も楔型の体型をしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅうよう‐しゅ【乳用種】

乳を得ることを主な目的とする品種の牛。ホルスタインジャージーなど。乳牛。
[補説]乳用種の牛でも、肉を得るために肥育されているものは肉用牛に区分される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうようしゅ【乳用種】

乳用として飼育される牛の品種。ホルスタイン種・カーンジー種など。乳牛。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

乳用種の関連キーワードDoあおもりディリービーフ肉用牛の格付けと評価トッゲンブルク種ブラウンスイス種牛肉価格安定制度ホルスタイン種ヤギ(哺乳綱)ザーネン[種]エアシャー種牛肉の輸入信州肉牛国産若牛足柄牛柴やぎ役用種ヒツジ交雑種乳用牛補説

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乳用種の関連情報