コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往復式真空ポンプ おうふくしきしんくうポンプreciprocating vacuum pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

往復式真空ポンプ
おうふくしきしんくうポンプ
reciprocating vacuum pump

主要構造は往復圧縮機と同じであるが,低真空型 (1段で1~3kPa) のものでは自動弁型 (自由弁型) ,高真空型 (1段で 300~500Pa) のものでは他動弁型 (滑り弁型) にしている。自動弁型では,吸込み弁,吐出し弁とも板弁を使用しているのに対し,他動弁型ではシリンダ側面にピストンとある一定の位相差をもって往復摺動する滑り弁をもつ。シリンダならびに弁室の冷却は水ジャケットに冷却水を流すものが多い。到達圧力を下げるため直列2段としたものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の往復式真空ポンプの言及

【真空ポンプ】より

…また,補助ポンプの作用を補強するためのブースターポンプとして二葉ポンプ,油・水銀エゼクターなどが用いられる。
[機械式真空ポンプ]
 (1)往復式真空ポンプ 容積形のポンプで,主要部は,シリンダー,ピストンおよびシリンダー端面または側面に取りつけられた吸込弁,吐出弁から構成され,構造は往復式圧縮機と同じであるが,前述のような理由でそれに比べ大型となる。シリンダー径とピストン行程の比は1.5~3.0程度にとられるが,シリンダーとピストン端面で囲まれた容積が最小となるすきま容積をできる限り小さくすることが必要である。…

※「往復式真空ポンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

往復式真空ポンプの関連キーワード回転式真空ポンプ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android