待惚を食う(読み)まちぼうけをくう

精選版 日本国語大辞典「待惚を食う」の解説

まちぼうけ【待惚】 を 食(く)

待っていた人が来なくて、むだに待たされる。まちぼけを食う。
※人情本・春秋二季種(1844‐61頃)二「アアゐるがおまへ待(マチ)ほうけをくわせちァいけないよ」

まちぼけ【待惚】 を 食(く)

我等一団と彼(1912)〈石川啄木〉五「僕は社で待ってゐて、つまらん待ぼけを喰っちゃった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android