コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我等 ワレラ

デジタル大辞泉の解説

われ‐ら【我等】

[代]
一人称の人代名詞。「われ」の複数。わたくしたち。われわれ。「我等が母校」「我等の自由」
一人称の人代名詞。単数を表す。わたくし。わたし。
「この君の御夢―にとらせ給へ」〈宇治拾遺・一三〉
二人称の人代名詞。同等以下の者にいう語。おまえたち。
「はてさて―は役に立たぬ」〈伎・姫蔵大黒柱〉
[補説]書名別項。→我等

われら【我等】[書名]

日本の総合雑誌大正7年(1918)の白虹事件により朝日新聞を退社した長谷川如是閑大山郁夫らが中心となり、大正8年(1919)に創刊。進歩的思想に基づいて社会批評を展開した。昭和5年(1930)「批判」と改題特高警察の弾圧などにより昭和9年(1934)2月に廃刊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

われら【我等】

大正から昭和初期の高級評論雑誌。1918年の〈白虹事件〉で大阪朝日新聞社を退いた長谷川如是閑が1919年2月,大山郁夫,井口孝親らと我等社をつくって創刊した。丸山幹治伊豆富人大庭柯公らが参加した。《我等》は長谷川のユニークな社会,新聞論,大山の政治批判,また初期マルクスの翻訳紹介なども行い,20年代の日本の思想・文化に大きな足跡を残した。30年3月に一時終刊(通巻128号),嘉治隆一新明正道らの《社会思想》(1922年4月~29年12月)と合併する形で,同年5月《批判》(月刊)と改題して再出発した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

われら【我等】

( 代 )
一人称。「われ」の複数。自分たち。わたくしたち。われわれ。 「 -の誓い」
二人称。対等またはそれ以下の複数の相手に対して用いる。おまえたち。 「 -はこのお方を何と心得る」
一人称。単数に用いる。わたくし。われ。 「この君の御夢、-にとらせ給へ/宇治拾遺 13

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

我等
われら

1919年(大正8)2月創刊された大正デモクラシーを代表する総合雑誌。ロシア革命や米騒動の影響を受けて世情騒然たる1918年、『大阪朝日新聞』は右翼と政府の集中攻撃を受け、同紙の花形記者であった長谷川如是閑(はせがわにょぜかん)、大山郁夫(いくお)ら数名が退社した。長谷川らは「我等はいま何をなすべきか」という立場から我等社をつくって進歩的論陣を張った。30年(昭和5)2月終刊、同年5月『批判』と改題したが、特別高等警察などの弾圧で34年2月廃刊した。[松浦総三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の我等の言及

【長谷川如是閑】より

…15年社会部長のときに全国中等学校優勝野球大会を発足させた。18年白虹事件の弾圧に抗して退社,19年大山郁夫,井口孝親らと我等社を設立し,雑誌《我等》(1930年《月刊批判》と改題)を創刊した。後に《現代国家批判》《現代社会批判》などにまとめられる鋭利でユニークな批判・言論活動を展開し,とくに,送り手の意識のありようにジャーナリズムの本質をみる独自の〈新聞〉理論を打ち立てた。…

※「我等」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

我等の関連キーワードシャーウッドオーリック下げ尾垂れキャントー気を尽くすデュビビエ手を下げる人物らしいクレール松浦総三然あれば流れの末追ひ乗すであんす詳らけし犬じものワイラー一つ口要する礼する

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

我等の関連情報