待慣(読み)まちならう

  • まちなら・う ‥ならふ
  • まちな・る

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ハ四〙 長いこと待つ。待ち続ける。待ちなる。
※正治初度百首(1200)秋「七夕はいかに契りてあふことのかたわれ月を待ならひけん」
〘自ラ下二〙 長いこと待つ。また、しばしば待つ。待ちならう。
※仙洞影供歌合(1202)「まちなれし名残ばかりのうたたねにおも影さそふ玉だれの月〈鴨長明〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android