コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名残 ナゴリ

デジタル大辞泉の解説

なごり【名残】

《「余波(なごり)」から》
ある事柄が過ぎ去ったあとに、なおその気配や影響が残っていること。また、その気配や影響。余波(よは)。「台風の名残の高波」「古都の名残をとどめる」
人と別れるときに思い切れない気持ちが残ること。また、その気持ち。「尽きない名残
物事の最後。終わり。「この世の名残
「一期(いちご)の―ぢゃと思うて清水へ参って」〈狂言記・武悪
亡くなった人をしのぶよすがとなるもの。忘れ形見。子孫。
「かの維時(これとき)が―は、ひたすら民となりて」〈増鏡・新島守〉
病後のからだに残る影響。
「いと重くわづらひ給へれど、ことなる―残らず」〈・夕顔〉
残り。残余。
「弥生中の六日なれば花はいまだ―あり」〈平家・三〉
名残の折」「名残の茶」などの略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なごり【名残】

〔「なごり(余波)」と同源〕
物事が過ぎ去ったあとになお残る、それを思い起こさせる気配やしるし。余韻や余情。また、影響。 「熱戦の-を残すグラウンド」 「昔の-をとどめる古城」 「夏の-」
別れたあとに面影などが残って、なお心引かれること。また、別れの際の心残り。 「 -を惜しむ」 「 -が尽きない」
物事の最後。終わり。 「 -の夜」 「この世の-」 「その日の-なれば限りの風ふうなり/花鏡」
去った人や故人を思い出すよすがとなるものや事。故人の形見や子孫。 「おぼし出づばかりの-とどめたる身も、いとたけく/源氏 澪標」 「さてかの維時が-は/増鏡 新島守
病後などの身体に残る影響。 「いと重くわづらひ給ひつれど、ことなる-残らず/源氏 夕顔
残り。残余。 「弥生中の六日なれば花はいまだ-あり/平家 3
「名残の折」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

名残の関連キーワード裏一巡・裏一順定座・定坐名残の茶事怱劇・忩劇惜しみ綱世吉連歌名残の袂尾を引く忘れ形見月の定座花の定座託ち寄す清水康司名残の涙扇の別れ名残の花匂いの花名残狂言長歌行唐相撲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名残の関連情報