名残(読み)ナゴリ

デジタル大辞泉「名残」の解説

なごり【名残】

《「余波(なごり)」から》
ある事柄が過ぎ去ったあとに、なおその気配や影響が残っていること。また、その気配や影響。余波(よは)。「台風の名残の高波」「古都の名残をとどめる」
人と別れるときに思い切れない気持ちが残ること。また、その気持ち。「尽きない名残
物事の最後。終わり。「この世の名残
「一期(いちご)の―ぢゃと思うて清水へ参って」〈狂言記・武悪
亡くなった人をしのぶよすがとなるもの。忘れ形見。子孫。
「かの維時(これとき)が―は、ひたすら民となりて」〈増鏡新島守
病後のからだに残る影響。
「いと重くわづらひ給へれど、ことなる―残らず」〈夕顔
残り。残余。
「弥生中の六日なれば花はいまだ―あり」〈平家・三〉
名残の折」「名残の茶」などの

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「名残」の解説

なご・る【名残】

〘他ラ四〙 (名詞「なごり」の動詞化)
① なごりを惜しむ。別れることを残念だと思う。
※俳諧・虚栗(1683)下「鰌すくひが濁す日の陰〈其角〉 秋風を名残るか待乳山涼み〈才丸〉」
② 過ぎ去ったものの気配や影響を残す。
※続女ひと(1956)〈室生犀星〉人生は飯事遊びから「それは明治以来の風俗を名残ってゐるものと、思はざるをえないのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android