コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名残 ナゴリ

2件 の用語解説(名残の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なごり【名残】

《「余波(なごり)」から》
ある事柄が過ぎ去ったあとに、なおその気配や影響が残っていること。また、その気配や影響。余波(よは)。「台風の名残の高波」「古都の名残をとどめる」
人と別れるときに思い切れない気持ちが残ること。また、その気持ち。「尽きない名残
物事の最後。終わり。「この世の名残
「一期(いちご)の―ぢゃと思うて清水へ参って」〈狂言記・武悪
亡くなった人をしのぶよすがとなるもの。忘れ形見。子孫。
「かの維時(これとき)が―は、ひたすら民となりて」〈増鏡・新島守〉
病後のからだに残る影響。
「いと重くわづらひ給へれど、ことなる―残らず」〈・夕顔〉
残り。残余。
「弥生中の六日なれば花はいまだ―あり」〈平家・三〉
名残の折」「名残の茶」などの略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なごり【名残】

〔「なごり(余波)」と同源〕
物事が過ぎ去ったあとになお残る、それを思い起こさせる気配やしるし。余韻や余情。また、影響。 「熱戦の-を残すグラウンド」 「昔の-をとどめる古城」 「夏の-」
別れたあとに面影などが残って、なお心引かれること。また、別れの際の心残り。 「 -を惜しむ」 「 -が尽きない」
物事の最後。終わり。 「 -の夜」 「この世の-」 「その日の-なれば限りの風ふうなり/花鏡」
去った人や故人を思い出すよすがとなるものや事。故人の形見や子孫。 「おぼし出づばかりの-とどめたる身も、いとたけく/源氏 澪標」 「さてかの維時が-は/増鏡 新島守
病後などの身体に残る影響。 「いと重くわづらひ給ひつれど、ことなる-残らず/源氏 夕顔
残り。残余。 「弥生中の六日なれば花はいまだ-あり/平家 3
「名残の折」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名残の関連キーワード海事外事自由太刀余波鋭鋒余波名残惜しい名残の袖名残の月名残の雪関連故事

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名残の関連情報