後の物(読み)のちのもの

大辞林 第三版の解説

のちのもの【後の物】

後産あとざん」に同じ。のちのこと。 「寅の時ばかりに生れ給ひて、声高に泣き給ふ…-もいと平らかなり/宇津保 蔵開上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと【後】 の 物(もの)

仮名草子・仁勢物語(1639‐40頃)上「『かれは男か女子か』と男に問ひける。後の物遅く、夜も更(ふけ)にければ、鬼子(おにご)とも知らで」

のち【後】 の 物(もの)

後産(のちざん)。また、その際排出されるもの。胞衣(えな)
※宇津保(970‐999頃)国譲下「とらの時ばかりに、いかいかとなく。おどろきて、女御さぐり給へば、のちの物たひらかなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後の物の関連情報