後産(読み)あとざん

百科事典マイペディアの解説

後産【あとざん】

〈のちざん〉〈こうさん〉とも。胎児分娩(ぶんべん)後,胎盤が卵膜および残存臍帯(さいたい)とともに排出されること。胎児分娩後10〜30分で後産陣痛とともに始まり10〜30分を要し,普通200〜400mlの出血をみる。排出物を俗に〈えな胞衣)〉という。後産は分娩の第3に当たり,これをもって分娩は完了する。
→関連項目胎盤

後産【こうさん】

後産(あとざん)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あとざん【後産】

〈のちざん〉ともいい,医学的には〈こうさん〉ともいう。胎児娩出後に胎児付属物である胎盤,臍帯(さいたい),卵膜が娩出されるが,この娩出されたもの,またはこの時期をいい,時期を指すときはとくに後産期placental stage,または分娩第3期ともいう。ふつう胎児が娩出されると,子宮は急速に縮小するが,まもなくさらに強い収縮(後産期陣痛)がおこって,胎盤が子宮内壁から剝離(はくり)し,次いで腟外へ排出される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あとざん【後産】

胎児を娩出べんしゆつしたあと、胎盤たいばん・卵膜・臍帯せいたいなどが体外に排出されること。また、排出されたもの。のちざん。こうざん。

こうざん【後産】

あとざん(後産)」に同じ。 「 -期」

のちざん【後産】

あとざん(後産)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後産
あとざん

胎児娩出(べんしゅつ)後に胎盤を娩出することで、分娩第3期に相当する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐ざん【後産】

〘名〙 胎児を分娩(ぶんべん)した後、胎盤が卵膜やへその緒とともに排出されることをいう。分娩の第三期に当たる。後(あと)の物。こうざん。のちざん。
※浄瑠璃・弓勢智勇湊(1771)道行恋の道草「跡産(ザン)のもつれにて我妻はあへなき最期」

こう‐ざん【後産】

〘名〙 胎児を出産してから一〇~三〇分後に軽い陣痛がおこり、子宮内に残っていた胎盤、臍帯(さいたい)、卵膜が母体外に排出されること。あとざん。のちざん。

のち‐ざん【後産】

〘名〙 胎児を分娩したあと、胎盤などが排出されること。あとざん。のちのこと。のちのもの。
洒落本・傾情知恵鑑(1783)「裏店の嚊(かみ)さん達か寄り合てしもざんとやらのち産(ザン)とやらをとりあげ手は赤蔵になりけれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後産の言及

【出産】より

…ついで胎盤が放出される。これを後産(あとざん)という。子宮筋の収縮は間欠的にかつ周期的に起こり,だんだんと強くなる。…

【後産】より

…〈のちざん〉ともいい,医学的には〈こうさん〉ともいう。胎児娩出後に胎児付属物である胎盤,臍帯(さいたい),卵膜が娩出されるが,この娩出されたもの,またはこの時期をいい,時期を指すときはとくに後産期placental stage,または分娩第3期ともいう。ふつう胎児が娩出されると,子宮は急速に縮小するが,まもなくさらに強い収縮(後産期陣痛)がおこって,胎盤が子宮内壁から剝離(はくり)し,次いで腟外へ排出される。…

【後産】より

…〈のちざん〉ともいい,医学的には〈こうさん〉ともいう。胎児娩出後に胎児付属物である胎盤,臍帯(さいたい),卵膜が娩出されるが,この娩出されたもの,またはこの時期をいい,時期を指すときはとくに後産期placental stage,または分娩第3期ともいう。ふつう胎児が娩出されると,子宮は急速に縮小するが,まもなくさらに強い収縮(後産期陣痛)がおこって,胎盤が子宮内壁から剝離(はくり)し,次いで腟外へ排出される。…

※「後産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後産の関連情報