後腹が病める(読み)アトバラガヤメル

デジタル大辞泉の解説

後腹(あとばら)が病・める

事がすんだあとに、出費がかさんだり、障害が生じたりして苦しむ。
「それは利害に打算して、跡腹の病めないものは無い」〈鴎外・妄想〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとばらがやめる【後腹が病める】

事がすんだあと、それに関して生じたいざこざや出費などに苦しむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あとはら【後腹】 が 病(や)める

※浄瑠璃・安倍宗任松浦簦(1737)一「御辺手に懸け首討って捨られよ、さすればいっそ跡腹(アトバラ)やめず、どちらも外さぬ鎹(かすがひ)分別」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android