かす(読み)カス

デジタル大辞泉の解説

か・す

[接尾]《動詞五(四)段型活用》動詞の未然形に付いて動詞をつくり、そのようにさせるという意を表す。「散ら―・す」「冷や―・す」
「なほ思ひの罪逃(の)がら―・し給へ」〈宇津保・蔵開上〉
「然らばこれ構へて見顕は―・さばや」〈今昔・二七・三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

か・す

〘接尾〙 (五(四)段型活用) 他動的な意味を強調するのに用いる。四段活用動詞未然形に付く場合が多いが、二段活用の動詞の語尾をア段に変えた形などに付く場合もある。
※蜻蛉(974頃)上「脛(はぎ)を布のはししてひきめぐらかしたる者ども」
※源氏(1001‐14頃)関屋「車など、かたへはおくらかし」
[語誌](1)用例は平安初期から見られるが、俗語的、口語的な語であったらしい。カ行四段活用動詞の未然形+「す」、他動的・使役的な形との類推によって使われるようになったともいわれる。院政・鎌倉・室町期などの文献には用例が多く、現代でも俗語的な感じで用いられ、諸方言にも多く残る。
(2)「散らかす」と「散らす」、「冷やかす」と「冷やす」などのように、対応するはずの語どうしで意味が異なるものもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かすの関連情報