後藤 瑞巌(読み)ゴトウ ズイガン

20世紀日本人名事典の解説

後藤 瑞巌
ゴトウ ズイガン

明治〜昭和期の僧侶(臨済宗) 元・花園大学学長。



生年
明治12(1879)年10月18日

没年
昭和40(1965)年3月20日

出生地
岐阜県

学歴〔年〕
東京帝大文科哲学科〔明治39年〕卒

経歴
鎌倉円覚寺の釈宗活について禅を修め、その後渡米して布教。大正3年朝鮮妙心寺派布教監督となり、滞在17年の間に京城妙心寺別院を創立。昭和4年岐阜県円成寺住職、6年京都東海庵住職、9年臨済学院院長、同専門学校長、11年臨済宗妙心寺派本山顧問、21年同宗妙心寺派管長、22〜26年同宗大徳寺派管長を歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android