コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈宗活 しゃく そうかつ

1件 の用語解説(釈宗活の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

釈宗活 しゃく-そうかつ

1871*-1954 明治-昭和時代の僧。
明治3年11月15日生まれ。臨済(りんざい)宗。鎌倉円覚寺今北洪川(こうせん),ついで釈宗演(そうえん)にまなび,印可をうける。明治34年宗演の命で,洪川が東京に創立した禅会「両忘会」を再興した。昭和29年7月6日死去。83歳。東京出身。俗姓は入沢。別号に輟翁,両忘庵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

釈宗活の関連キーワード廃藩置県新教育高田藩北海道開拓佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釈宗活の関連情報