コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗碩 そうせき

4件 の用語解説(宗碩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗碩 そうせき

1474-1533 戦国時代の連歌師。
文明6年生まれ。宗祇(そうぎ)晩年の高弟。宗祇の最後の旅にも宗長と同行。三条西実隆(さねたか)らと親交をもつ。たびたび日本各地を旅行し,種子島にもわたった。天文(てんぶん)2年4月24日長門(ながと)(山口県)で客死。60歳。別号に月村斎(げっそんさい)。著作に歌論「藻塩草」,紀行「佐野のわたり」,句集「月村抜句」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宗碩

没年:天文2.4.24(1533.5.18)
生年:文明6(1474)
室町時代の連歌師。号は月村斎。尾張国(愛知県)茨江の鍬鍛冶の子という説がある。連歌を飯尾宗祇に学び,宗長と共に箱根湯本で宗祇の臨終をみとった高弟。永正7(1510)年に宗祇の種玉庵跡に庵を結び,次第に連歌界の実力者にのしあがった。三条西実隆,近衛尚通,細川高国らと交際,特に実隆とは親しかった。美濃,尾張,能登,越前などにしばしば下向,地方と中央を結ぶ文化の伝達者としての役割も果たしている。大永2(1522)年の伊勢国桑名への旅は紀行『佐野のわたり』に記された。作品は多く残っており,優美な作風とはいえるが個性的ではない。

(伊藤伸江)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そうせき【宗碩】

1474‐1533(文明6‐天文2)
室町後期の連歌師。別号は月村斎(げつそんさい)。出生は尾張ともいうが不詳。宗祇(そうぎ)に師事,1502年(文亀2)宗祇没後,宗祇の種玉庵に住み,宗長(そうちよう)とともに連歌界を指導。三条西実隆,細川高国ら公家や幕府の武将と交わり,たびたび北陸や中国,九州を旅し,種子島まで渡った。長門国で客死。連歌作品に《月村斎千句》《住吉千句》,高国辞世の《懐旧百韻》,紀行に《さののわたり》などがある。【鶴崎 裕雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうせき【宗碩】

1474~1533) 室町時代の連歌師。号、月村斎。宗祇に師事、のち肖柏・宗長に兄事。公家・武将とも親しく、旅を多くした。著「勅撰名所和歌抄出」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗碩の関連キーワード紹九恵俊行助三甫信永宗般等恵忍誓持政祐倫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗碩の関連情報