コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤用介 ごとう ようすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤用介 ごとう-ようすけ

?-? 織豊-江戸時代前期の金工。
後藤徳乗(とくじょう)の弟子。天正-文禄のころ前田利家にまねかれて加賀(石川県)にいき,金銀貨などを鋳造する銀座役をつとめたが,慶長16年(1611)銀貨の品位をおとしたかどで罷免された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤用介

生年:生没年不詳
近世初頭活躍した加賀国金沢の銀座人。豊臣秀吉の命により天正大判を鋳造した京都の金匠,後藤徳乗の弟子。その技術を買われ,前田利家の招請で天正末~文禄ころ金沢に移った。すでに金沢には銀座がおかれていて,先任者の矢田主計と共に加賀小判や花降銀の鋳造に当たった。慶長16(1611)年,越中国亀谷銀鉱の生銀から銀幣花降銀製造の際,その品位を落とした罪により銀座役を解かれ,蟄居を命ぜられた。しかし,寛永14(1637)年,再び鋳貨御用の請書に名を連ねており,許されたものとみられる。<参考文献>日本銀行調査局編『図録日本の貨幣』2巻,森田柿園『加藩貨幣録』

(岩橋勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

後藤用介の関連キーワード金工

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android