金工(読み)かなだくみ

精選版 日本国語大辞典「金工」の解説

かな‐だくみ【金工】

〘名〙 鍛冶をする人。金属細工をする人。かなづくり。
書紀(720)神代下(兼方本訓)「天目一箇(あめまひとつ)の神を作金者(カナタクミ)とす」
※俳諧・崑山集(1651)一一「かぢの木の色葉や是もかなたくみ〈安静〉」

きん‐こう【金工】

〘名〙
① 金属または貴金属鍛工鋳工などの総称
③ 金属に細工をする人。金匠。〔礼記‐曲礼下〕
鉱石を掘る仕事。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金工」の解説

きん‐こう【金工】

金属に細工をする工芸。また、その職人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「金工」の解説

金工
きんこう

金属工芸

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金工の言及

【金属工芸】より

…金属を素材として作られた日常品や装飾品,またその加工技術で,一般に金工と呼ばれている。人類が金属の使用を開始した時期は非常に古く,前5000年ころのエジプトですでに金と銅の使用が知られている。…

※「金工」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android