コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤英一 ごとう えいいち

2件 の用語解説(後藤英一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤英一 ごとう-えいいち

1931-2005 昭和後期-平成時代の情報科学者。
昭和6年1月26日生まれ。40年母校東大の教授となる。43年から理化学研究所主任研究員をかね,平成3年神奈川大教授。昭和29年電子回路素子パラメトロンを発明,のち電電公社(のちNTT)電気通信研究所と共同でパラメトロン計算機を製作。61年ジョセフソン素子と結合した量子磁束パラメトロンを開発した。平成17年6月12日死去。74歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

後藤英一【ごとうえいいち】

電子工学者・物理学者。東京都出身。東京大学理学部物理学科卒業。東京大学理学部助教授などを経て,1970年に同大学理学部教授となる。この間,大学院時代の1954年に電気回路素子(論理素子)であるパラメトロンを発明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の後藤英一の言及

【コンピューター産業】より


[日本のコンピューター産業]
 日本でのコンピューター研究は,1952‐53年ころから一部の研究者の間で行われるようになった。54年に後藤英一が真空管より性能のよいパラメトロンを発明し,研究はパラメトロン式とトランジスター式が並行して進められた。前者によるコンピューターに57年開発の武蔵野I号,後者に56年開発のETL・マークIII,57年完成のETL・マークIVがある。…

※「後藤英一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後藤英一の関連キーワード荒木浩池田温稲上正上横手雅敬栗原蘆水桜井英樹塩野宏須田寛福田甲子雄増井禎夫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone