後頭蓋窩腫瘍(読み)こうとうがいかしゅよう(英語表記)posterior fossa tumor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後頭蓋窩腫瘍
こうとうがいかしゅよう
posterior fossa tumor

後頭蓋窩の小脳中脳,橋,延髄脳膜脳神経などから生じる腫瘍で,頭蓋内腫瘍の 25~30%を占める。ことに小児に好発する腫瘍はこの部位にできることが多い。小脳星細胞腫,髄芽腫,橋膠腫,聴神経鞘腫,血管芽腫,脈絡上皮叢乳頭腫,脳室上衣腫などがある。腫瘍が比較的小さいうちから局所症状や頭蓋内圧亢進症状が出現しやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android