コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後頭蓋窩腫瘍 こうとうがいかしゅようposterior fossa tumor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後頭蓋窩腫瘍
こうとうがいかしゅよう
posterior fossa tumor

後頭蓋窩の小脳中脳,橋,延髄脳膜脳神経などから生じる腫瘍で,頭蓋内腫瘍の 25~30%を占める。ことに小児に好発する腫瘍はこの部位にできることが多い。小脳星細胞腫,髄芽腫,橋膠腫,聴神経鞘腫,血管芽腫,脈絡上皮叢乳頭腫,脳室上衣腫などがある。腫瘍が比較的小さいうちから局所症状や頭蓋内圧亢進症状が出現しやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

後頭蓋窩腫瘍の関連キーワード大後頭孔ヘルニア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android