脳膜(読み)のうまく(英語表記)meninges

翻訳|meninges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「脳膜」の解説

脳膜
のうまく
meninges

の表面をおおうで,外から内にって硬膜,クモ膜,軟膜の3層から成っている。脳硬膜は強い結合組織性の膜で,内外2葉が密着してできており,外葉は頭蓋内面の骨膜を兼ねる。一部ではこの2葉が分離し,そのなかに硬膜静脈洞が形成される。クモ膜は無数の小突起をもつ薄膜で,硬膜内面および軟膜外面と弱く結合する。軟膜との間はクモ膜下腔と呼ばれ,脳脊髄液がここを満たしている。脳軟膜は脳表面に密着する薄膜で,各脳室の脈絡組織の外面もおおい,脳室内に脈絡叢をつくり,脳脊髄液を分泌する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「脳膜」の解説

のう‐まく ナウ‥【脳膜】

〘名〙 脳を包んでいる膜。脳硬膜・蜘蛛膜・脳軟膜に分類される。髄膜脳脊髄膜。脳体。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の脳膜の言及

【髄膜】より

…中枢神経すなわち脳と脊髄を包んでいる結合組織性の膜の総称。脳膜meninges encephaliと脊髄膜meninges spinalesとを合わせたもので,脳脊髄膜ともいう。これらは3重になっていて,いちばん外側にあるのが硬膜dura materで,これはとくに厚くてじょうぶであり,脊髄では硬膜がはっきりと内外の2枚に分かれている。…

※「脳膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android