コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳膜 のうまくmeninges

翻訳|meninges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳膜
のうまく
meninges

脳の表面をおおうで,外から内に向って硬膜,クモ膜,軟膜の3層から成っている。硬膜は強い結合組織性の膜で,内外2葉が密着してできており,外葉は頭蓋内面の骨膜を兼ねる。一部ではこの2葉が分離し,そのなかに硬膜静脈洞が形成される。クモ膜は無数の小突起をもつ薄膜で,硬膜内面および軟膜外面と弱く結合する。軟膜との間はクモ膜下腔と呼ばれ,脳脊髄液がここを満たしている。脳軟膜は脳表面に密着する薄膜で,各脳室の脈絡組織の外面もおおい,脳室内に脈絡叢をつくり,脳脊髄液を分泌する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のう‐まく〔ナウ‐〕【脳膜】

脳を覆い包んでいる膜。脳脊髄膜の脳の部分。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のうまく【脳膜】

脳を包む被膜。脊髄せきずい膜と連結しているので脳脊髄膜とも、略して髄膜とも呼ぶ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の脳膜の言及

【髄膜】より

…中枢神経すなわち脳と脊髄を包んでいる結合組織性の膜の総称。脳膜meninges encephaliと脊髄膜meninges spinalesとを合わせたもので,脳脊髄膜ともいう。これらは3重になっていて,いちばん外側にあるのが硬膜dura materで,これはとくに厚くてじょうぶであり,脊髄では硬膜がはっきりと内外の2枚に分かれている。…

※「脳膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

脳膜の関連キーワード脳槽シンチグラフィーその他の母斑症ネコひっかき病平井 毓太郎ヘロフィロス後頭蓋窩腫瘍慶世村 恒仁流行性髄膜炎中原 中也平井毓太郎ブドウ膜炎脳脊髄膜炎ねじめ正一慢性中耳炎島田事件大正天皇脳膜出血髄膜炎急驚風脳梅毒

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脳膜の関連情報