コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳膜(読み)のうまく(英語表記)meninges

翻訳|meninges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脳膜
のうまく
meninges

脳の表面をおおうで,外から内に向って硬膜,クモ膜,軟膜の3層から成っている。硬膜は強い結合組織性の膜で,内外2葉が密着してできており,外葉は頭蓋内面の骨膜を兼ねる。一部ではこの2葉が分離し,そのなかに硬膜静脈洞が形成される。クモ膜は無数の小突起をもつ薄膜で,硬膜内面および軟膜外面と弱く結合する。軟膜との間はクモ膜下腔と呼ばれ,脳脊髄液がここを満たしている。脳軟膜は脳表面に密着する薄膜で,各脳室の脈絡組織の外面もおおい,脳室内に脈絡叢をつくり,脳脊髄液を分泌する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

のうまく【脳膜】

脳を包む被膜。脊髄せきずい膜と連結しているので脳脊髄膜とも、略して髄膜とも呼ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の脳膜の言及

【髄膜】より

…中枢神経すなわち脳と脊髄を包んでいる結合組織性の膜の総称。脳膜meninges encephaliと脊髄膜meninges spinalesとを合わせたもので,脳脊髄膜ともいう。これらは3重になっていて,いちばん外側にあるのが硬膜dura materで,これはとくに厚くてじょうぶであり,脊髄では硬膜がはっきりと内外の2枚に分かれている。…

※「脳膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脳膜の関連情報